泊まろう
まつりへGo!
遊ぼう!
歴史を訪ねる
文化に触れる
旬の味わい
特産品・名産品
国重要文化財南部利康霊屋 国指定文化財史跡聖寿寺館跡
町営指定文化財平良ヶ崎城跡 国登録有形文化財「田中家住宅主屋・米蔵・門」
国登録有形文化財「村井家住宅」 県指定文化財南部利直霊屋 白華山 法光寺 恵光院
国指定 史跡 聖寿寺館跡(しょうじゅじたてあと)

 聖寿寺館跡は、青森県南東部、奥州街道と鹿角街道の合流点付近、馬淵川沿いの交通の要衝に立地する、南部氏本宗家の室町時代から戦国時代の本拠地です。南部氏は甲斐源氏の支流で、南北朝期に勢力を伸張し、戦国時代に東北北部地方に覇をとなえ、東北地方を代表する武士団とされています。盛岡藩の史書では、聖寿寺館は14世紀末頃から南部氏の本拠地とされていましたが、1539年(天文8)に家中の内紛によって焼亡したとされ、創建期の記録もほとんどが伝承となってしまいました。しかし町内には現在でも南部氏に関連する城館や藩主の墓、霊廟などの文化財が良好な状態で遺されているため、これら貴重な文化財の調査研究、並びに保存・活用を努め、失われた中世南部氏の歴史解明を目的として発掘調査他、専門的な調査が行われてきました。
 「史跡 聖寿寺館跡」は「聖寿寺館跡本体」のほかに、南部氏の菩提寺のある「三光寺地区」、氏神である「本三戸八幡宮地区」の3地区で構成しており、その歴史的重要性が認められ平成16年9月30日に史跡指定を受けました。

所在地 三戸郡南部町小向字正寿寺
お問合せ 史跡聖寿寺館跡案内所
TEL・FAX 0179-23-4711

 

トップページへ
南部町へのアクセス
協会のご案内
会員企業紹介
関連リンク集
お問い合わせ
Webカタログ