泊まろう
まつりへGo!
遊ぼう!
歴史を訪ねる
文化に触れる
旬の味わい
特産品・名産品
国重要文化財南部利康霊屋 国指定文化財史跡聖寿寺館跡
町営指定文化財平良ヶ崎城跡 国登録有形文化財「田中家住宅主屋・米蔵・門」
国登録有形文化財「村井家住宅」 県指定文化財南部利直霊屋 白華山 法光寺 恵光院
国重要文化財 南部利康霊屋 (なんぶ としやす たまや)

 1632年(寛永9)申の年に、南部27代太守利直公が、四男利康の死を悼んで創建されました。
 江戸時代初期の豪華絢爛なる桃山建築の様式がそのままに取り入れられ、華麗なること東北随一と賞されています。
 昭和42年から3年にかけ、外回りの大修理をし覆堂を改築しましたが、それによって分かったことは、用材は全て木曾産の檜であり、しかも最高級の用材ばかりが選ばれていたことです。領内の鹿角郡に金山が発見され、南部家の財力が最も豊かな時でしたので、金にあかしてこの用材を求めたことがうかがわれます。 昭和28年11月14日、国の重要文化財に指定されました。

所在地 南部町大字小向字正寿寺62-1
拝観時間 午前9時~午後4時
定休日 12月29日~1月3日
拝観料金 大人/300円(20人以上200円)
  中学生以下無料
駐車場 普通車10台、大型バス3台(無料)
注意事項 写真撮影はお断りしています。
拝観時の喫煙はご遠慮ください
お問合せ 史跡聖寿寺館跡案内所
TEL・FAX 0179-23-4711
南部町役場南部分庁舎から約2km
車で約5分
青い森鉄道線三戸駅から約3km
車で約7分
トップページへ
南部町へのアクセス
協会のご案内
会員企業紹介
関連リンク集
お問い合わせ
Webカタログ